ドラマ

佐藤健の出演ドラマまとめ2020!見逃し動画配信やあらすじも!


佐藤健さんが、今までどんなドラマに出演していたのかを一気にまとめていきます。

佐藤健出演ドラマのあらすじや見どころ・感想などもお届けしますね!

一部、ネタバレがある場合もありますのでご容赦ください。



Sponserd Links

Sponserd Links

佐藤健の出演ドラマまとめ


それではここで、佐藤健さんの出演してきたドラマについてまとめていきます。

基本的には主役、レギュラー出演をしていたドラマをピックアップしています。
※中にはゲスト出演も記載している場合もあります。

それでは、各ドラマのあらすじや内容をご参考ください!


プリンセス・プリンセスD

佐藤健,プリンセス・プリンセスD,見逃し動画配信
出典:https://www.amazon.co.jp/

タイトル プリンセス・プリンセスD
放送・出演 2006年6月28日 – 9月13日
放送局 テレビ朝日
脚本 高見健次、眞邊明人
監督 眞邊明人
主なキャスト 佐藤健、藤田玲、鎌苅健太、渋谷謙人、中村優一
一真、石黒英雄”

プリンセス・プリンセスD あらすじ

近隣では名門と名を馳せる男子校―私立藤森学園の高等部には、ある特殊な制度―“姫”制度が存在していた。何も知らずに転校してきた主人公―河野亨は、その端麗な容姿から“姫”に選ばれてしまう。内面に様々な思いと悩みを抱える亨が、同じく姫を務める四方谷裕史郎や豊実琴、坂本秋良を始めとする姫制度を支える仲間達と共に行動していく中で、独自に自分らしさを獲得していく。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)#%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98





仮面ライダー電王

佐藤健,仮面ライダー電王,見逃し動画配信
出典:https://www.cinemacafe.net/article/2018/12/22/59583.html

タイトル 仮面ライダー電王
放送・出演 2007年1月28日 – 2008年1月20日
放送局 テレビ朝日
脚本 小林靖子 他
監督 田﨑竜太 他
主なキャスト 佐藤健、白鳥百合子、秋山莉奈、石丸謙二郎、中村優一
松元環季、松本若菜、永田彬、上野亮、石黒英雄
役どころ 野上 良太郎(のがみ りょうたろう)役で主役。
とても弱々しい青年でしかも運が悪い為、トラブルに巻き込まれいつも怪我ばかり。
そんなある日イマジンとの出会いによって仮面ライダー電王となり、モモタロス・ウラタロス・キンタロスという3種類の戦闘タイプを持ち時空を超えて、人々の大切な過去の時間を守るという戦いを通してさまざまな仲間達と出会う。

仮面ライダー電王 あらすじ

2007年の現代に現れ、時間の改変を企てる侵略者イマジンと、これを阻止するために戦う仮面ライダー電王・野上良太郎、そして良太郎に憑依し力を貸す味方イマジン達の活躍を描く。
イマジンは憑依した人間との間にその望みをかなえるという「契約」を結び、手段を選ばず「契約完了」することで望みにまつわる記憶を呼び覚まし、それを足がかりに過去へ飛び破壊活動を行うことで時間を改変してしまう。それに対抗できる電王に変身できるのは、時間改変の影響を受けない特質の持ち主特異点のみ。だが時の列車デンライナーに乗って未来から来た女性ハナが見出した特異点・良太郎はひ弱で気弱、しかも不運続きと一見およそヒーローらしくない。
そんな良太郎に憑依して力を貸すのが、モモタロス・ウラタロス・キンタロス・リュウタロスといった強烈な個性を持ったイマジン達。彼らが憑依することで良太郎は能力のみならず性格も一変する。彼らの力と良太郎の奥底にある正しく強い心が合わさることで電王はその力を発揮する。そして過去へ飛んだイマジンを追って、電王もデンライナーで過去へ飛ぶのだ。
そうして戦いを続ける良太郎の前に、仮面ライダーゼロノス・桜井侑斗と名乗る青年がイマジン・デネブを伴って現れる。良太郎の姉・野上愛理の失踪した婚約者と同じ名前を持つ彼の存在には、この事件の根幹に関わる秘密が隠されていた。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E9%9B%BB%E7%8E%8B#%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98


とにかく佐藤健のキャラクター変貌ぶりが可愛いんです。モモタロスの時は髪も目も赤色になり不良ぽい感じで勇ましく、ウラタロスの時は青色になりプレーボーイでセクシー全開です。
キンタロスの時は黄色でちょっとモテなさそうだけど男気あふれる心優しいキャラクターです。
おそらく佐藤健は役に入り込むのが本当に上手で、まさに俳優になるべくしてなったんだろうなぁと感じました。
そしてこの作品によって仮面ライダーファンも女性がかなり増えたのではないかと思います。
私も仮面ライダーには興味がなかったのですが、電王を観てから仮面ライダーってこんなに面白いのか!とすっかりハマりました。
個人的にはウラタロスの時の佐藤健が一番好きです。




ROOKIES

佐藤健,ROOKIES,見逃し動画配信
出典:https://blog.xuite.net/gunnarmania/hkblog/189050529-%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%81%A5+in+Rookies%E5%8D%92%E6%A5%AD+~+%E5%89%8D%E5%A4%9C%E7%A5%AD

タイトル ROOKIES
放送・出演 2008年4月19日 – 7月26日
放送局 TBS
脚本 いずみ吉紘
主なキャスト 佐藤隆太、市原隼人、小出恵介、城田優、佐藤健
中尾明慶、高岡蒼甫、桐谷健太、村川絵梨、浅野和之
吹石一恵、大杉漣、伊武雅刀

ROOKIES あらすじ

二子玉川学園高校(通称ニコガク)へ赴任してきた新人教師・川藤幸一(かわとうこういち)。ニコガクの野球部は、かつては春のセンバツ甲子園出場まで果たしていた伝統ある部であったが、部員の起こした不祥事により活動停止に追い込まれ、現在では不良の溜まり場と化し、部員達は自暴自棄になっていた。そんな部員達の心の奥底に残る情熱を見抜いた川藤は野球の「や」の字も知らなかったが、自ら顧問となって野球部の再建に乗り出す。初めは川藤を馬鹿にしていた不良部員達も、次第に彼の親身になって自分達と向き合おうとする態度に心を動かされ、様々な試練や逆境に見舞われながらも一致団結して夢の甲子園を目指し奮闘していく。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ROOKIES#%E5%86%85%E5%AE%B9




ブラッディ・マンデイ Season1

佐藤健,ブラッディ・マンデイ Season1,見逃し動画配信
出典:https://entertainment-topics.jp/36926

タイトル ブラッディ・マンデイ Season1
放送・出演 2008年10月11日 – 12月20日
放送局 TBS
脚本 蒔田光治、渡辺雄介
監督 蒔田光治、神戸明、樋口優香
主なキャスト 三浦春馬、川島海荷、田中哲司、佐藤健、竜雷太
吉瀬美智子、テット・ワダ、嶋田久作、片瀬那奈、成宮寛貴
徳永えり、滝藤賢一、山口龍人、尾崎右宗、恒吉梨絵
安部魔凛碧、斗澤康秋、谷口翔太、松重豊、芦名星
阿南敦子、吉沢悠、久保田将至、渡辺志穂、原田佳奈
斎藤歩、中原丈雄、工藤俊作、久野雅弘、藤井美菜、神保悟志
村岡希美、並樹史朗、螢雪次朗、宮澤美保、永倉大輔、野間口徹
佐伯新、山中敦史、浜田晃、中根徹、江口のりこ

ブラッディ・マンデイ Season1 あらすじ

主人公の高木藤丸は、普通の高校に通う2年生。普段は無気力でだらしがない少年だが、裏では天才的なハッキング能力を持つ、正体不明のカリスマハッカー『ファルコン』として、父・竜之介が所属する公安調査庁の一組織『THIRD-i』の仕事を手伝っていた。一方、極寒の地・ロシアで、売人から極めて危険なウイルスを手に入れた謎の女テロリスト・折原マヤは日本へと向かい、藤丸の通う弥代学院へ生物教師として赴任して来た…。

出典:https://www.wikiwand.com/ja/BLOODY_MONDAY#/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC





ブラッディ・マンデイ Season2

佐藤健,ブラッディ・マンデイ Season2,見逃し動画配信
出典:https://twitter.com/takeliciousindo/status/568362460828184576

タイトル ブラッディ・マンデイ Season2
放送・出演 2010年1月23日 – 3月20日
放送局 TBS
脚本 渡辺雄介
監督 石丸彰彦、神戸明
主なキャスト Season1に加え、
黒川智花、高嶋政宏、水上剣星、又平デビット幸太郎、秋田真琴
八代みなせ、肥野竜也、裵ジョンミン、金原杏奈、神木隆之介
阿部真美、堀部圭亮、満島ひかり、藤木孝、滝沢涼子
矢柴俊博、宮内敦士、趙珉和、橋本亜紀、柳澤貴彦
竹内寿、津嘉山正種

ブラッディ・マンデイ Season2 あらすじ

『BLOODY MONDAY』から2年後。藤丸は以前のような平和な日々を過ごしていた。ある日、テロリストにより飛行機がハイジャックされてしまう。彼らの目的は、テロ組織『魔弾の射手』の指導者で最重要犯罪者として収監されている火野アレクセイの釈放だった。藤丸は再び『THIRD-i』から協力を求められるが、彼が放った言葉は意外なものだった。『「ファルコン」は二度と現れない』。否応なくテロへのカウントダウンが進む中、藤丸の真意とは…。

出典:https://www.wikiwand.com/ja/BLOODY_MONDAY#/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC





メイちゃんの執事

佐藤健,メイちゃんの執事,見逃し動画配信
出典:http://www.tsutaya.co.jp/drama/program/2009/winter/program_03.html

タイトル メイちゃんの執事
放送・出演 2009年1月13日 – 3月17日
放送局 フジテレビ
脚本 古家和尚
主なキャスト 水嶋ヒロ、榮倉奈々、佐藤健、山田優、岩佐真悠子
谷村美月、大政絢、中別府葵、忽那汐里、吉田里琴
夕輝壽太、真山明大、姜暢雄、丸山智己、鈴木亮平
阿部進之介、臼田あさ美、ホラン千秋、向井理、堀内敬子
鈴木浩介、石野真子、杉本哲太、津川雅彦

メイちゃんの執事 あらすじ

東雲メイは四国の香川県の田舎で暮らす、ごく普通の中学2年生だったが、交通事故により讃岐うどん屋だった両親を亡くす。両親の葬式の日、本家から迎えに来た執事の柴田理人から、父親が実は大富豪「本郷家」の長男にして本郷グループ全社の後継者であること、父親の死により自分が正式な後継者であることを知る。一夜にしてお嬢様となったメイは周囲と自身の身の安全のため、また淑女教育を受けるべく、聖ルチア女学園に入学する。

聖ルチア女学園は、1人の女子生徒につき1人の執事が付くという、究極のお嬢様学校。全寮制で、手持ちのステラの個数により「太陽(ソーレ)寮」、「月(ルナ)寮」、「星(ステラ)寮」、「陰(オンブラ)寮」に分かれる。そこでメイは、自らの運命と恋に向き合っていくことになる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E5%9F%B7%E4%BA%8B#%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98





大河ドラマ 龍馬伝

佐藤健,大河ドラマ 龍馬伝,見逃し動画配信
出典:https://www.hachi8.me/ken-okada-that-ken-sato-plays-is-too-addictive/

タイトル 大河ドラマ 龍馬伝
放送・出演 2010年1月3日 – 11月28日
放送局 NHK総合
主なキャスト 福山雅治、蒼井優、青木崇高、伊勢谷友介、石橋凌
石橋蓮司、市川亀治郎、及川光博、大泉洋、大森南朋
奥貫薫、香川照之、筧利夫、要潤、蟹江敬三
上川隆也、貫地谷しほり、草刈民代、児玉清、近藤正臣
佐藤健、里見浩太朗、杉本哲太、高橋克実、武田鉄矢
田中哲司、田中泯、谷原章介、寺島しのぶ、トータス松本
夏八木勲、生瀬勝久、倍賞美津子、浜田学、原田泰造
ピエール瀧、平岡祐太、広末涼子、本田博太郎
真木よう子、升毅、松原智恵子、宮迫博之、余貴美子
リリー・フランキー、渡辺いっけい
役どころ 土佐出身、明治維新で坂本龍馬らとともに活躍した「人斬り以蔵」こと岡田以蔵。
剣の道にたけた若者。日本の行く末を案じ坂本龍馬らと行動をともにし日本の夜明けを信じ突っ走って行く。
敵対する相手をことごとく暗殺して行く。市中では「人斬り以蔵」と恐れられる。
孤高の剣士で常に日本の行く末を案じて奔走する若き獅子。

大河ドラマ 龍馬伝 あらすじ

明治15年(1882年)、郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎は高知県土陽新聞社の記者・坂崎紫瀾から取材を申し込まれる。郷土の埋もれた維新志士・坂本龍馬について調べているという坂崎に、弥太郎は「龍馬はこの世で一番嫌いな男だった。あれほど腹の立つ男はどこにもいなかった!」と答えるが、その直後何故か泣き笑いしていた。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E9%A6%AC%E4%BC%9D#%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98


佐藤健の孤高の剣士「岡田以蔵」役は高い評価に値しますね。
根は優しいのだが日本の為汚れ役を演じ続けています。
時代は幕末、開国を迫る列強に屈し鎖国政策を辞め開国に舵をとった江戸幕府。
もう幕府にこの国は任せられないと若い獅子たちが各地で立ち上がります。
とりわけ薩摩・長州の二大藩の勢いは強かった。この二藩は中が悪かった。
土佐藩を脱藩した坂本龍馬は幕府ではなく新たな仕組みを考えていた。天皇を中心とした国家でした。
その為には、薩摩・長州両藩の協力が必要でした。坂本龍馬は、薩摩・長州の同盟を締結させるべく奔走するのであった。
岡田以蔵は「人斬り以蔵」となって影で坂本龍馬を支えています。
佐藤渉の鬼気迫る岡田以蔵役は必見です!



Q10(キュート)

佐藤健,Q10(キュート),見逃し動画配信
出典:https://mantan-web.jp/article/20101004dog00m200053000c.html

タイトル Q10(キュート)
放送・出演 2010年10月16日 – 12月11日
放送局 日テレ
脚本 木皿泉
監督 河野英裕、小泉守
主なキャスト 佐藤健、前田敦子、蓮佛美沙子、賀来賢人、柄本時生、
高畑充希、細田よしひこ、福田麻由子、池松壮亮、田中裕二、
小野武彦、薬師丸ひろ子
役どころ 深井 平太(ふかい へいた)役で主演。
少しクールで大人びた性格の男子高校生。子供の頃に心臓病の手術をしており、激しい運動は出来ず、高校生になった今でも薬を常用している。
そのためか少し達観したものの見方をしていて、周りのクラスメイトにあまりうまく馴染めていなかったが、Q10に出会い、彼女の正体を隠すため行動を共にするうちに、段々と彼女に愛情を抱いていく。

Q10(キュート) あらすじ

平凡な高校3年生の深井平太は、ある日理科準備室で女の子の姿をしたロボットを起動させてしまう。平太によりQ10(キュート・人間名=久戸花恋)と名付けられたロボットは、平太から人間について教えられ、学び始める…。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/Q10#%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98


少し不思議な男子高校生です。
家族にも周りの大人にも自分勝手な変わった人が多いからか、年の割に達観した少年役の佐藤健が魅力的です。
ロボットのQ10の電源を入れてしまったため、彼女の正体を隠すために、いらないストレスを抱えている姿が不憫ですが、少し可愛らしく微笑ましいです。
Q10がとにかく可愛らしいので、彼女に惹かれていく平太と自分を起動してくれた彼を「親」と認識し懐いていく彼女の対比が少し切なさも感じさせます。
ドラマとしては彼ら2人の物語だけではなく、クラスメイトの平凡な高校生なりの恋や家族や友情の悩みが描かれていて、ロボットのいる世界と現実の世界が不思議に共存していて、変わった感覚になります。
そんな世界観に浸りたくなって、何度も見てしまうおすすめのドラマです。



冬のサクラ

佐藤健,冬のサクラ,見逃し動画配信
出典:https://ameblo.jp/zzztekeru42/entry-11591990944.html

タイトル 冬のサクラ
放送・出演 2011年1月16日 – 3月20日
放送局 TBS
脚本 高橋麻紀
主なキャスト 草彅剛、今井美樹、佐藤健、加藤ローサ、高嶋政伸
森迫永依、江波杏子、吉田日出子、でんでん、大島蓉子
山崎樹範、白羽ゆり、遊井亮子、東根作寿英、桜井聖
森康子

冬のサクラ あらすじ

雪の降り積もる山形で、母親の介護をしながらガラス職人をしている稲葉祐(草彅剛)は、今まで一度も恋をしたことがなかった。その山形を、一人訪れた女・石川萌奈美(今井美樹)。彼女は“冬に咲くサクラ”を見るため旅をしていた。祐は、通りを歩く萌奈美とすれ違い、その美しさに目を奪われた。その直後、ひったくりに遭い、怪我をした萌奈美を助けた祐。怪我のショックで記憶がなくなった萌奈美は、祐の家で暮らすことになった。身元を確認できるものもなく、自分が誰なのか分からず、不安や恐怖で呆然としている萌奈美。唯一の手がかりは、彼女が持っていたデジカメに写っていた桜の枝の写真。それは冬に花を咲かせる「啓翁桜」だった。不安なままの萌奈美に、祐は「大丈夫、焦らず一休みしているくらいの気持ちでいるように。きっとそのうち思い出せる時が来るから……」と優しく微笑むのだった。それは運命の出会いだった……母の介護だけがすべてだった男と、自分が誰がさえもわからなくなった女……静かに雪が降り積もる真っ白な世界で……。

しばらくして、介護をしていた祐の母親が亡くなった。葬儀のため、東京の病院で研修医をしている弟・肇(佐藤健)が帰ってきた。兄の萌奈美への淡い思いを感じた肇は、自分や母に対する祐の偽りのない優しさを萌奈美に伝えた。肇には、同じ病院で栄養士をしている向井安奈(加藤ローサ)という恋人がいた。二人は、兄たちをそっと見守ろうとするのだが……。

一方、身元が分かったという知らせから、すべてを思い出した萌奈美。自分には夫と娘がいることを……。夫・航一(高嶋政伸)が、萌奈美を迎えにやってきた。胸を締め付けられる思いで東京に戻る萌奈美。祐は、大丈夫と優しく微笑み彼女を遠くから見送った。だが、東京にいる航一が祐の存在に気付き、やがて豹変していく……。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%AC%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9#%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98




とんび

佐藤健,とんび,見逃し動画配信
出典:https://www.oricon.co.jp/news/2022701/full/

タイトル とんび
放送・出演 2013年1月 – 3月
放送局 TBS
脚本 森下佳子
主なキャスト 内野聖陽、佐藤健、常盤貴子、吹石一恵、加藤貴子
野村宏伸、麻生祐未、柄本明
役どころ 市川 旭(いちかわ あきら)役で主役。
あきらは、安に大きな愛情を受けて、優しくて真面目に育ちました。とにかく真っ直ぐで、とても熱い安と生活していたので、受け身で、自分の意見を主張するよりも、自分の気持ちを飲み込んでしまう性格です。そして、優秀でまっすぐな男性に成長していきます。
学力は長けていて、高校卒業後は、早稲田大学法学部に進学。また、はっきりとは言わないが、安には誰よりも感謝している
。少し、一度決めたら動かないような頑固な一面も持っている。

とんび あらすじ

舞台は瀬戸内海に面した広島県備後市(市名は架空の名称)。高度経済成長時代の1962年(昭和37年)、運送会社に勤務する28歳のヤスは愛妻・美佐子の間に息子・アキラが誕生し、生涯最高の喜びに浸っていた。美佐子とともにアキラの成長を見守り、幸せな日々を過ごしていたが、ある日、ヤスが連れて行った仕事場でアキラを庇った美佐子が事故死してしまう。ヤスはその日から幼くして父親に捨てられた悲しみと美佐子を亡くした後悔を乗り越えながら、アキラを不器用ながら真っ直ぐに育てていく。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%B3_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)#%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98


不器用な父親安に育てられた、市川旭。安の「親バカ」的な大きな愛により成長していきます。
とても優しく真面目な性格ですが、一度決めたら動かないような頑固な一面を持っている旭。
そんな旭が色んな登場人物に出会い、考え、思い、成長していく物語。そして、どうしようもない男が、どうしようもなく息子を愛した物語です。
そして、ただただ愛し、ただただ真っ直ぐ立ち進んでいくその旭の姿に笑い、涙してしまうと思います。
また、溢れる愛に包まれたような気持ちになり、涙が止まらなくなるかもしれません。
ストーリー的にはとても内容も解りやすく、佐藤健さんの市川旭役がしっかりはまっていてやっぱりカッコいいです。
また旭の高校生から、30歳まで成長していく髪型の変化も見所です。


続きます。

1 2