中性脂肪とは?

中性脂肪は、肝臓で作られる貯蔵用エネルギーで、人間の体の皮下脂肪のほとんどは中性脂肪です。

中性脂肪とは?

中性脂肪は、肝臓で作られる貯蔵用エネルギーであり、体内にある「中性脂質」「リン脂質」「糖脂質」「ステロイド」の一種で、狭義的には常温で固体の中性脂質を中性脂肪と呼びます。

中性脂肪の原料は糖質、炭水化物、動物性脂肪、たんぱく質、アルコールなどで、これらの原料を摂取すると中性脂肪が増えていきます。

そして、皮下脂肪や腹腔にある脂肪組織に送られ、そこで蓄積されますので、人間の体の皮下脂肪のほとんどは中性脂肪なのです。

この中性脂肪が皮下脂肪や腹腔に過剰に蓄積されると、肥満になりますが、具体的には、中性脂肪の原料を含む食品を多く摂りすぎたり、運動不足などでエネルギーがあまり消費されないと中性脂肪がどんどん増えていき、それが肥満の原因になるというわけです。

このように、エネルギー不足に備えて蓄えられる中性脂肪は、摂取エネルギーが少なかったり、激しい運動などによって消費エネルギーが増加すると使われますが、皮下脂肪として体温を保つ役割も果たしています。

また、中性脂肪は水に溶けないので、リポタンパクの形になって血液中に運ばれますが、血液中に中性脂肪が増えると、余分なコレステロールを回収するHDLが減ったり、悪玉のLDLが増加します。

血中の中性脂肪が過剰に増えた状態を「高中性脂肪血症」といい、中性脂肪とコレステロールのどちらかあるいは両方が過剰に増えた状態を「高脂血症」といいます。

また、中性脂肪が増えすぎると肝臓が腫れて機能が低下し、脂肪肝になる恐れがあります。

このように、中性脂肪はエネルギーとして使用されたり、皮下脂肪として体温を保つ働きをしますが、過剰になるとさまざまな病気の原因となります。

■スポンサードリンク

次ページ: コレステロールとは?

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。