中性脂肪の基準値について

中性脂肪の基準値は「空腹時で50~149mg/dl」で、高すぎると「脂質異常症」の可能性があります。

中性脂肪の基準値について

健康診断や病院などで行われる血液検査を受けると、必ず中性脂肪の数値が表記されています。

血液検査の結果項目名には、「中性脂肪」あるいは「トリグラセライド」、「TG」という名前で表示されていますが、そこに明記されている標準値や平均値と自分の数値を照らし合わせてみると、中性脂肪が高いのか低いのかを知ることができます。

正しい検査結果を得るためには、血液検査前に少なくとも4時間以上は食事を控える必要があります。

通常は前日の夕飯を早めにすませ、当日の朝は飲食をしてはいけないことになっています。

中性脂肪の数値は、食事のタイミングや食事量などによって数値が大きく左右されるので、正しい数値を知るためにもこれはきちんと守りましょう。

中性脂肪の基準値は「空腹時で50~149mg/dlの範囲である」とされており、これを基準にして診断がなされます。

中性脂肪の基準値を超えると、「脂質異常症」と診断される場合があります。

これは血液中のコレステロールや中性脂肪が多過ぎる病気のことで、以前は「高脂血症」と呼ばれていました。

脂質異常症になると、医師の判断のもとで食事療法や運動療法、薬事療法に基づいて治療が行われます。

しかし、数値が基準値よりも少し高いくらいであれば、それほど心配することはありませんので、食生活を見直し、適度な運動をしたりアルコールを飲みすぎないようにして、中性脂肪の数値は改善する努力をしてみましょう。

■スポンサードリンク

次ページ: コレステロールとの違い

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。