喫煙も悪影響を及ぼす

一酸化炭素とニコチンは、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やす働きがあります。

中性脂肪と喫煙

「タバコの害」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、真っ黒になった肺が思い浮かぶ、肺がんではないでしょうか。

しかし、タバコの害は肺がんだけでなく、ニコチンや一酸化炭素による心臓や脳の血管障害も深刻な問題なのです。

たとえば、喫煙によって血管が収縮すると、血圧が上がり、心拍数が高くなって心臓に大きな負担がかかります。

また、一酸化炭素は中性脂肪や悪玉コレステロールを増やすだけでなく、善玉コレステロールを減らして血栓をできやすくしてしまいます。

ですから、高血圧気味の人が喫煙を続けると、次第に増えていく血栓よって血管が詰まり、ついに血管が破れたりすると、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気を引き起こすことがあります。

喫煙がもたらすニコチンや一酸化炭素は、高脂血症や動脈硬化を引き起こす誘因があるだけでなく、ニコチンそのものに、中性脂肪や悪玉コレステロールの合成を促し、善玉コレステロールを減らす働きがあります。

一方、一酸化炭素にも、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やして血栓を作りやすくする働きがあるので、喫煙によって中性脂肪が増える環境が整ってしまうといってもよいでしょう。

また、副流煙についても、一酸化炭素、タール、ニコチンなどの有害物質の含有量が主流煙よりはるかに多いので、注意が必要です。

このように、中性脂肪と喫煙は密接に関わっており、また喫煙は生活習慣病の大敵ですから、一日も早く禁煙するのが望ましいでしょう。

■スポンサードリンク

次ページ: 睡眠も重要な要素

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。