睡眠も重要な要素

浅い眠りであるレム睡眠が長く続くと、中性脂肪やコレステロール値が増えることにつながってしまいます。

中性脂肪と睡眠

睡眠時間は、長くとればいいというものではなく、大切なのは睡眠の質です。

睡眠には比較的浅い眠りの「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」の2つがあり、レム睡眠とノンレム睡眠が交互に繰り返されているのが、健康的な睡眠です。

浅い眠りであるレム睡眠が長く続くと、睡眠時間が長くても自律神経の働きに支障が出てしまい、遊離脂肪酸が大量に放出されるようになり、中性脂肪やコレステロール値が増えることにつながってしまうのです。

また、睡眠とストレスには、深い関係があり、睡眠中には副腎皮質から「コルチゾール」というホルモンが出ていますが、ストレスによってコルチゾールが増加すると、血液中に遊離脂肪酸が大量に出てしまいます。

この遊離脂肪酸が、肝臓で中性脂肪やコレステロールに合成され、結果として中性脂肪値とコレステロール値を上昇させてしまいます。

さらに、アルコールを大量に摂取したり寝酒をすると、眠りが浅くなりますし、睡眠不足が続いたうえにアルコールの摂り過ぎや食生活の乱れなどが重なると、ますます中性脂肪を増やす結果になってしまいます。

昼間に喫煙、紫外線、ストレス、排気ガスなど体に良くないものを浴びても、質のよい睡眠をとっていれば、壊れた細胞は元に戻ることができますので、睡眠は大切です。

睡眠不足が続いていたら、昼食後に短い仮眠をとったり、夜眠れないときには、就寝前に足湯をしたりアロマテラピーをすると自然な睡眠が促されますので、まずは健康的な睡眠を確保するように心がけましょう。

■スポンサードリンク

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。