低中性脂肪血症

中性脂肪が少ないと、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、体力が落ちたりしてしまいます。

低中性脂肪血症

中性脂肪の基準値は50~149mg/dlですが、それが30mg/dl以下である場合、低中性脂肪血症と診断されます。

中性脂肪は多いよりも低いほうがいいと思われがちですが、実は中性脂肪が極端に少ないのも健康上なんらかの問題を起こす原因になります。

このように、中性脂肪は、生命を維持するために必要な備蓄エネルギーなのです。

ですから、中性脂肪が少なくなりすぎると、ビタミンA、ビタミンE、βカロチン、必須脂肪酸などが体内で不足し、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、体力が落ちたりしてしまいます。

また、中性脂肪は細胞膜を作るので、不足することで血管の壁がもろくなり、血管が破れてしまうこともあります。

無理なダイエットなどで偏食や少食を続けていると、栄養不足になって低中性脂肪血症になり、めまいやたちくらみ、偏頭痛などの神経の不調まで引き起こすようになってしまいますので、要注意です。

甲状腺機能亢進症(バセドー病)が、低中性脂肪血症を引き起こしている場合もあります。

この病気になると、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて新陳代謝が異常に活発化し、激しい運動をしていないのに動悸がしたり、疲れやすかったり、微熱、発汗過多、情緒不安定などの症状が現れます。

甲状腺機能亢進症になると、しっかり食べているのに栄養不足状態となり、中性脂肪が減少してしまいます。

甲状腺機能亢進症は治療を受ければ完治する病気ですので、心配せずに専門医に診てもらいましょう。

■スポンサードリンク

次ページ: 動脈硬化

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。