高中性脂肪血症

高中性脂肪血症の予防には、アルコールを制限して、脂肪や糖類の少ない食事を摂ることが大切です。

高中性脂肪血症

高脂血症には、コレステロールだけが多い「高コレステロール血症」、中性脂肪だけが多い「高中性脂肪血症」、コレステロールと中性脂肪の両方が多い「高コレステロール高中性脂肪血症」があります。

中性脂肪の基準値は「空腹時で50~149mg/d」ですから、150mg/dl以上になると高中性脂肪血症と診断されます。

高中性脂肪血症は、「軽度が150~299mg/dl」「中等度が300~749mg/dl」「高度が750mg/dl以上」の3段階に分けられます。

高中性脂肪血症は、脂質、糖分、アルコールの過剰摂取や運動不足などによって引き起こされることが多いですが、中には遺伝による家族性高脂血症や、さまざまな病気が原因で起こる場合もあります。

高中性脂肪血症には特に自覚症状がありませんので、そのまま放置してしまいがちです。

しかし、中性脂肪が高い人はコレステロールも高い可能性があり、脂肪肝、肥満、糖尿病、動脈硬化、痛風などの病気を引き起こす原因になりますので、油断してはいけません。

高中性脂肪血症の予防には、体重を管理し、アルコールを制限して、脂肪や糖類の少ない食事を摂るように心がけましょう。

特に魚類には、血液をサラサラにして血栓をできにくくする多価不飽和脂肪酸(EPAやDHA)が豊富ですし、脂肪の吸収を抑える海藻などの食物繊維や、コレステロールの酸化を防ぐ大豆製品なども積極的に上手に食べましょう。

■スポンサードリンク

次ページ: 低中性脂肪血症

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。