脂肪肝

脂肪肝の原因は肥満とアルコールですが、生活スタイルを見直せば予防と改善が出来ます。

脂肪肝

肝臓にはもともと脂肪が3~5%含まれていますが、それが5%以上になると脂肪肝と言われ、肥満や糖尿病患者の半分が、この脂肪肝だといわれています。

脂肪肝で肝臓に溜まっている脂肪のほとんどは、エネルギーの過剰摂取や運動不足が原因で蓄積された中性脂肪です。

脂肪肝になると、肝臓の重要な働きである解毒作用や代謝がうまく作用しなくなり、便秘や極度の疲労感といった症状があらわれます。

しかし、血液検査やCT検査を受けて診断されない限り、自分ではなかなか分かりにくい病気だといえます。

脂肪肝になるのは年齢的には30~70代に多く、男性は40歳前後、女性は40代以上の中高年に多いようです。

脂肪肝の原因は、肥満とアルコールの飲み過ぎで、この脂肪肝を治療しないで放置しておくと、やがて肝硬変へ移行していき、肝臓がんに発展する危険性があります。

特にアルコール性脂肪肝の場合は、肝臓の繊維化が進みやすいので、肝硬変になりやすいといえますし、 脂肪肝の場合は、動脈硬化、高血圧、肝炎、心臓病、脳卒中などのリスクも高くなります。

脂肪肝は、大量にお酒を飲む人の約80%に見られますので、まずはアルコールの取りすぎに十分注意し、また、脂肪を摂取しない食事を心がけ、適度な運動を行って中性脂肪を減らしましょう。

このように、脂肪肝は生活スタイルを見直せば予防と改善が出来る病気ですが、特に高脂血症の人は脂肪肝になりやすいので、日ごろから運動と食事療法を行い、アルコールの採り過ぎに気をつけて脂肪肝を予防することが大切です。

■スポンサードリンク

次ページ: 痛風

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。