コレステロールとの関係

中性脂肪が増えるとHDLが減少し、血液の中や血管にコレステロールが付着してしまいます。

中性脂肪とコレステロールの関係

コレステロールは脂質なので、そのままの状態では水分に溶けず、血液に溶け込むためには「リポタンパク」という粒子を必要とします。

その際、HDLというリポタンパクに運ばれているコレステロールを「善玉コレステロール(HDL)」といい、LDLというリポタンパクに運ばれているコレステロールを「悪玉コレステロール(LDL)」と呼んでいます。

このように、血中コレステロールには、HDLLDLの2種類があり、LDLは、余分に摂り過ぎたり、作られ過ぎてしまったコレステロールを運んでおり、不必要になったコレステロールは血中や血管などに付着していくのに対し、HDLはそれらをはがして回収する役目を果たしています。

HDLが「善玉コレステロール」と呼ばれるのは、このように、動脈硬化の予防に役立ってくれるからです。

ところが、中性脂肪が増えるとこのHDLが減少してしまい、血液の中や血管にこびりついたコレステロールがそのままになってしまいます。

そこで、中性脂肪を増やさない(HDLを減らさない)ことが重要になってくるのです。

このように、中性脂肪とHDL・LDLはとても深い関係にあり、お互いに作用しあい、増減しながらバランスよく体内に存在しているのです。

中性脂肪もコレステロールも、体内に過剰にあっても不足していても健康によくありませんので、大切なのは中性脂肪とコレステロールのバランスを崩さないことと言えます。

■スポンサードリンク

次ページ: メタボリックシンドローム

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。