メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、糖尿病・高血圧症などの生活習慣病が起きやすい状態のことをいいます。

中性脂肪とメタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム(代謝症候群)とは、簡単にいうと、糖尿病・高血圧症・高脂血症・脳卒中・心臓病・動脈硬化などの生活習慣病が引き起こされやすくなっている状態のことをいいます。

メタボリックシンドロームになりやすいのは内臓脂肪型肥満の人ですので、男性でウエストが85cm以上、女性で90cm以上の場合は一度健康診断を受けてみましょう。

特に、中性脂肪が150mg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL以下、収縮期血圧130以上、拡張期血圧85以上、空腹時血糖値が110mg/dL以上のどれか2つ以上に該当する場合は、要注意です。

メタボリックシンドロームの多くには、耐糖能異常や高血圧、コレステロールと中性脂肪のバランスの乱れといった症状が見られます。

動物性脂質の過剰摂取や運動不足により、コレステロールや中性脂肪のコントロールができなくなると、血液中の脂質が増加して血液がドロドロになり、血栓ができて血管の壁が厚くなり、血流が悪くなっていきますが、これが動脈硬化です。

中性脂肪は体にとって必要不可欠なエネルギー源ですが、摂りすぎると体脂肪として蓄積され、肥満をまねいて生活習慣病を引き起こす恐れがあります。

このように、メタボリックシンドロームは生活習慣病の危険信号ですので、これを予防するためにも、運動不足を解消し、食生活を改善して中性脂肪とコレステロールのバランスをとるように心がけましょう。

■スポンサードリンク

次ページ: 脂肪肝って何?

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。