低いとどうなる?

中性脂肪が低すぎると免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、体力が落ちたりします。

中性脂肪が低いとどうなる?

中性脂肪が高すぎると健康に害を及ぼしますが、逆に中性脂肪が低すぎるのも問題です。

中性脂肪は、生命活動を維持するために蓄えられるエネルギー源で、体にとって非常に大切なものです。

中性脂肪が正常値であれば、脂溶性のビタミンが血液中で中性脂肪やコレステロールと共に移動して体中の細胞を活性化させたり粘膜の保護をしてくれます。

ところが、中性脂肪が極端に低すぎると「低中性脂肪血症」になり、体にとって必要なビタミンA、ビタミンE、βカロチン、必須脂肪酸などが少なくなって、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、体力が落ちたりしてしまいます。

また、血管の壁が弱くなって血管が破れてしまうこともありますし、神経機能が低下することにより、めまいやたちくらみなど、脳細胞や偏頭痛などの脳神経の不調まで引き起こすようになります。

また、低中性脂肪血症で注意しなければならないのは、病気が原因で中性脂肪が少なくなっている場合です。

中性脂肪が少なくなる病気として、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)がありますが、これは、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって起こる自己免疫疾患で、全身倦怠感、動悸、高血圧、微熱、発汗過多、情緒不安定などの症状が現れます。

中性脂肪が低くても多くの場合心配はいりませんが、もし体に異変を感じるようであれば、一度病院で検査を受けてみた方がよいでしょう。

■スポンサードリンク

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。
div> inobiashi.com/ufo/11238300A"> div>