γ-GTP

γ-GTPは肝臓に多い酵素の一種で、高い場合は肝臓障害、肝炎、肝硬変などが考えられます。

γ-GTP

γ-GTPとは、「ガンマ グルタミル トランスペプチダーゼ」の略で、アミノ酸の変換酵素のことで、体内のほとんどの組織に含まれていますが、特に肝臓に多いのが特徴です。

肝臓や胆管の細胞が破壊されたり、胆石や胆道がんなどで胆道がつまってしまうと、血液中にγ-GTPが流れ出てきますので、γ-GTPは肝臓や胆管の細胞の状態の検査値として使用されています。

また、γ-GTPはアルコールに対して特に敏感な検査値といって過言ではなく、他の検査では異常がなくてもγ-GTPだけが高いのであれば、アルコールの大量摂取が影響している可能性が非常に高いと言えます。

γ-GTPはアルコールに短期的にも反応するので、例えばγ-GTP値が100以下であれば、節酒や禁酒によってすぐに正常値に戻ります。

しかしγ-GTP値が100~200の場合は、脂肪肝が進行している可能性がありますし、200以上になった場合は、アルコールだけでなく胆石や胆道がんなどによって胆道がつまっている危険性があります。

さらに、500以上になった場合は、常時かなり大量の飲酒をしているか急性アルコール中毒のような極めて危険な状態です。

GOT・GPTと同じく、γ-GTPは基準値が「0」からなので、少なすぎることで問題になることはありませんが、γ-GTPが増加する場合は、アルコール性肝臓障害、肝炎、肝硬変、胆石、胆管がん、肝がんなどが考えられます。

■スポンサードリンク

次ページ: 血清クレアチニン

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。