痛風

痛風になるのは尿酸値が高い人であり、同時に中性脂肪値も高い人です。

痛風

痛風(通風)の症状は、足の親指の付け根に突然激しい痛みが起こって歩くことも寝ることもできなくなり、ひどい場合には体を動かすことも出来なくなるほどの激痛で、一度痛みが引いたとしても、また再発してしまうところが特徴です。

また、痛風患者の90%以上が男性だといわれ、女性はホルモンの影響から痛風になる人が少ないようですが、男性は年齢に関係なく痛風になりやすいので、日頃から注意が必要です。

痛風の原因は、血液中の尿酸量が増えることで、この高尿酸血症は肥満や中性脂肪値が高い人に多く見られます。

つまり、痛風になるのは尿酸値が高い人だと思われやすいのですが、それは同時に中性脂肪値も高い人だと思ってよいでしょう。

痛風になると、血中にあまった尿酸が腎臓や関節に蓄積され、結晶化しますが、それを攻撃するために集まる白血球が、激痛の原因になるのです。

痛風を治すためには尿酸値を下げる薬を服用しますが、中性脂肪値を下げれば尿酸値も下がりますので、内臓脂肪を減らすためにも運動をしましょう。

その場合は、激しい運動よりも軽いウォーキングがオススメですが、また、痛風が以前「贅沢病」といわれていたように、タンパク質や脂質の過剰摂取や、尿酸の前身となるプリン体を多く含むお酒が原因にもなりやすいと言われていますので、肉類やビールの過剰摂取をしないなど、食生活の改善を心がけることでも、改善・予防になります。

■スポンサードリンク

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。