GOT・GPT

GOT・GPTは酵素の一種で、心臓や肝臓の細胞が破壊された場合に血液中に大量に放出されます。

GOT・GPT

GOTとは「グルタミン酸・オキザロ酢酸アミノ基転移酵素」の略で、アミノ酸合成促進酵素で、心臓や肝臓・骨格筋などに多く含まれ、心臓や肝臓の細胞が破壊された場合に血液中に大量に放出され、数値が上がります。

GPTも、GOTとほとんど同じ働きをする酵素で、この2つの酵素は、飲酒や運動で10%くらいはすぐに上昇しますので、血液検査の2~3日前はアルコールや運動を控えたほうがよいでしょう。

GOTは心臓以外の肝臓などにもありますが、GPTはほとんど肝臓に存在するので、心筋梗塞などの場合にはGOTの数値だけが上がり、GPTの数値は上がらないことがありますが、肝臓の細胞が破壊されたときには、GOTとGPTが一緒に上がります。

また、GOT・GPTの基準値は、GOT(が0~44IU/l、GPTが0~47IU/lで、「0」から基準値が始まっているので、中性脂肪値や血糖値のように、数値が低すぎることで問題になることはありません。

しかし、数値が500IU/l以上の場合は、ウィルス性肝炎、薬物性肝障害 劇症肝炎、心筋梗塞などの疑いがあります。

100IU/l~500IU/l未満の場合は慢性肝炎やアルコール性肝炎、閉塞性黄疸、筋ジストロフィ症、溶血性疾患など、100IU/l未満の場合は脂肪肝、肝硬変、肝がんなどの可能性があります。

どちらにしろ、数値が高い場合は、肝機能に何らかの異常をきたしていると考えたほうがよいでしょう。

■スポンサードリンク

次ページ: γ-GTP

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。