運動療法で減らす

中性脂肪を下げるには、運動療法も効果的で、ポイントは、毎日20~30分くらいでも続けることです。

中性脂肪と運動

中性脂肪を下げるには、食事療法だけでなく運動療法も効果的で、それは、適度な運動によってアドレナリンやノルアドレナリンが上昇し、インスリン濃度が低くなり、筋肉の中にあるリパーゼが活性化して、中性脂肪が減少するからです。

運動療法のポイントは、日常生活の中に運動を取り入れることにより、毎日20~30分くらいでも続けることです。

特に中性脂肪減少に有効なのは有酸素運動なので、酸素を取り入れる軽い運動がよいでしょう。

運動エネルギーは、筋肉の中にあるグリコーゲン、糖質、脂肪の順に使われていきますので、脂肪が燃える前に運動をやめてしまうと効果がありません。

そこで、脂肪までしっかりと燃焼させるには、20~30分間の有酸素運動が必要なのです。

有酸素運動の中でオススメなのが、ウォーキングで、水泳やサイクリング、エアロビクスなどの場合は施設や道具などが必要になりますが、ウォーキングは体に負担が少なく、手軽に始めることができるうえに経済的です。

ウォーキングをするときには、ウォーキングに適した靴をはいて、背筋を伸ばし、リズミカルに腕を振って歩きましょう。

最初は無理しないで、少しずつ距離を伸ばしていき、また歩数計をつけて歩くと張り合いがでて楽しくなって良いでしょう。

ウォーキングには、生活習慣病の予防や改善、新陳代謝の向上だけでなく、足腰を丈夫になるし、ストレス解消になるので、暮らしの中に取り入れる運動としては最適です。

■スポンサードリンク

次ページ: 薬の服用は医者に相談

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。