コレステロールとの違い

中性脂肪はエネルギーに関係し、コレステロールは体を構成する役割を果たしています。

中性脂肪とコレステロールの違い

中性脂肪もコレステロールも体内にある脂肪ですが、それぞれの働きが違います。

中性脂肪はエネルギーに関係し、コレステロールは体を構成する役割を果たしています。

つまり、一番の違いは、中性脂肪は体に蓄えられたエネルギーなので、運動によって燃焼されるのに対し、コレステロールは体内の細胞膜やホルモンの材料になるものなので、中性脂肪のように燃焼されないのです。

人間は、血中の糖分をエネルギー源として使いながら体を動かしますが、糖分が不足したときには中性脂肪が代わりに使われます。

また、中性脂肪は体温を一定に保つための断熱材の役目も果たし、外部からの衝撃に対するクッションにもなります。

一方、コレステロールには、「善玉コレステロール(HDL)」と「悪玉コレステロール(LDL)」があります。

細胞膜やホルモンを作り出す働きをする悪玉コレステロールは、血中に増えすぎると血管の小さな傷などにくっつき、血管を細くしてしまい、その結果、血管が細くなって動脈硬化や高血圧などの病気を引き起こす原因となります。

一方、善玉コレステロールは、血管についた悪玉コレステロールを取り除き、血流をよくする働きがありますが、もし血液中の中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加してしまいます。

つまり、中性脂肪の増加によって動脈硬化を促進させてしまうのですが、これを「高脂血症」といいます。

このように、中性脂肪とコレステロールは同じ脂肪の仲間でありながら、体内で果たす役割が違っています。

■スポンサードリンク

次ページ: コレステロールとの関係

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。