血清クレアチニン

血清クレアチニンは、メタボ診断で検査される値で、腎臓病の早期発見に有効な成分です。

血清クレアチニン

血清クレアチニンは、メタボリックシンドロームを診断する特定健診で検査されます。

クレアチニンは血液中の老廃物の一種で、尿へどんどん排泄されるものなのですが、腎臓機能が低下してしまうと血中にクレアチニンが溜まってしまうので、血清クレアチニン値が上昇します。

つまり、血清クレアチニン値が上昇するということは、腎臓の糸球体のろ過や排泄がうまくいっていないということなのです。

また、「クレアチニン・クリアランス」という尿検査もありますが、これは一定時間内の尿を溜めてクレアチニンがどのくらい排泄されているかを調べる検査で、糸球体ろ過率(GFR)として、糸球体がどのくらい働いているかを調べます。

このように、血清クレアチニンは腎臓機能を調べる際に必要な値であり、特に慢性腎臓病の早期発見に有効な成分なのです。

ちなみに検査値では男女差がありますが、これはクリアチニンが主に筋肉で作られる物質なので、女性や高齢者はもともと筋肉が少ないことから、血清クレアチニン値が低いというわけです。

血清クレアチニンが増加する場合は、ほとんどがレアチニンの尿中への排泄減少(糸球体ろ過量の減少)によるものなので、腎炎・腎不全の疑いがあります。

また、末端肥大症・巨人症・蛋白同化ホルモン剤投与による筋肉量の増加による場合もあります。

一方、血清クレアチニン減少の原因としては、筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症、多発性筋炎などの筋疾患や、筋肉量の減少が考えられます。

■スポンサードリンク

次ページ: ALP

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。