コレステロールとは?

コレステロールは人体に欠かせない脂質で、体内の細胞を作り、ステロイドホルモンの原料になります。

コレステロールとは?

コレステロールは脂肪の一種で、人体に欠かせない脂質で、作用としては、体内の細胞を作ったり、副腎皮質ホルモンや女性ホルモン、男性ホルモンなどのステロイドホルモンの原料になったりします。

また栄養素の消化吸収に関わっており、特に脳や脊髄などの神経系や筋肉に多く含まれています。

体に必要なコレステロールの量は1日に10000~20000mgで、そのうち食べ物からの補給は300~500mgですので、ほとんどのコレステロールが体内で合成されており、それらは主に肝臓で作られています。

コレステロールの大量摂取や運動不足が続くと、血中コレステロールが高くなってしまいます。

血液中には、余分なコレステロールを回収する「HDL(善玉コレステロール)」と脂肪組織にコレステロールを運ぶ「LDL(悪玉コレステロール)」があり、一般的に総コレステロールが高いとLDLコレステロールが高い傾向があります。

血中コレステロール値が高くても、自覚症状は現れにくいのですが、そのまま長期間放っておくと、血管が硬くなり、もろくなって動脈硬化になりやすくなり、心疾患(心筋梗塞、狭心症など)や脳血管疾患(脳梗塞など)を起こしやすくなります。

一方、コレステロールが過剰に不足しても、細胞生成が上手く出来なくなって細胞膜がもろくなり、老化が進行しやすくなりますし、細胞の悪性変異のリスクが高まったり、肝臓機能に障害がでる可能性もあります。

このように、コレステロールも中性脂肪と同じく、人体にとって適量であることが大切な脂質です。

■スポンサードリンク

次ページ: 中性脂肪の基準値について

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。