血液検査について

体に異常があると血液中の成分に変化が生じますので、血液検査によって体の状態がわかります。

血液検査について

血液には、主に

①体の隅々まで酸素や栄養分を運ぶ

②不要になった物質を回収する

③抗体を作って病原体を排除する

という働きがあります。

体に異常があると血液中の成分に変化が生じますので、血液を調べることによって体の状態がわかります。

血液検査は食事の影響を受ける場合があるので、基本的に空腹時に行われ、検査方法には、いくつか種類があります。

1 血液一般検査

血液の赤血球や白血球の数や形など血液そのものを調べます。

2 血清学的検査

病気によって発生した抗原抗体反応の状態を調べます。

3 生化学的検査

血液中に排出される酵素、たんぱく質、糖質などの成分を検査します。

4 貧血検査

血液の赤血球数、血色素、ヘマトクリット、白血球数などを調べ、貧血になっていないかを調べます。

5 脂質検査

血液中の総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロールを調べます。

6 血糖検査

血糖とは血液中のブドウ糖のことで、血液中のブドウ糖を調べることで、糖尿病かどうかを判断します。

7 肝機能検査

肝臓に障害が起こると、血液中にGOT(AST)・GPT(ALT)・γ-GTP・ALPという酵素が流れ出てきますので、肝臓の機能が正常かどうかを調べます。

8 腎機能検査

腎臓のろ過機能が落ちると、血液中に含まれる老廃物である尿素窒素(BUN)やクレアチニンの量が増えますので、腎臓の動きが正常かどうかをみます。

■スポンサードリンク

次ページ: 白血球

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。