動脈硬化

動脈硬化は、高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満、運動不足、ストレスなどが原因で起こります。

動脈硬化

血液中に中性脂肪が増え、その状態が長く続くと、動脈硬化になってしまう恐れがあります。

動脈硬化になると、脳卒中(脳梗塞、脳出血)、狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤、腎硬化症、閉塞性動脈硬化症などを引き起こしやすくなるので、放置していると大変危険です。

血液の中に中性脂肪が増えると、善玉コレステロール(HDL)が減り、逆に悪玉コレステロール(LDL)が増加しています。

これは、コレステロールが血管の壁にたまりやすく、血小板が凝集して血栓もできやすくなっている状態です。

そして、動脈がどんどん厚くなり、その結果血管の内側が狭くなって血液が詰まりやすくなってしまうのが、動脈硬化です。

動脈硬化は、「粥状(じゅくじょう)硬化」「細動脈(さいどうみゃく)硬化」「中膜(ちゅうまく)硬化」の3つに分けられます。

中でも粥状硬化は、大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太い動脈に起こる硬化なので、粥腫が破れると血栓がつくられ、動脈は完全にふさがってしまいます。

悪玉コレステロールは動物性脂肪に多く含まれ、中性脂肪は糖類やアルコールの過剰摂取などで体内に増加します。

一方、善玉コレステロールは悪玉コレステロールを減らす役割がありますので、食事療法と運動療法を取り入れましょう。

このように、動脈硬化は、高脂血症、高血圧、糖尿病、喫煙、高尿酸血症、肥満、運動不足、ストレスなどの危険因子がからみあって起こりますので、動脈硬化の治療や予防においては、これらの危険因子を減らすことが重要です。

■スポンサードリンク

次ページ: 急性すい炎

Copyright © Since 2005  http://www.scrapheaven.jp/  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。